ユタカノニワコト・・・初心者ガーデナーの庭仕事

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

バッタ  

P1040900_01.jpg
静寂をもとめて人の気配のない沢に入ると、
ごおごおと水音が響いている。
大きくない沢なのに水音はこんなにも主張している。
おやおや、気づけば虫たちも負けじと鳴いている
人がいなければ静寂がある、と勘違いしているのは
都会の環境になじんでしまったからだろうか。

以来、都会では小さくなっている自然の音に耳をすますようにしている。
すると、秋を感じさせる虫の音が車の流れる音の間をぬってきこえるではないか。
そういえば朝晩の空気にも秋を感じさせる気配がある。
五感をとぎすませて自然の気配を見逃さないようにしよう。
命の流れや季節の流れはどこにいても、なにをしていても、
幾重にも幾重にもわたしたちをつつんでいるのだ。

スポンサーサイト

category:

thread: ガーデニング - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

スギナ  

すぎな
桜を撮りに行って、ふと足もとをみるとスギナがはっていた。
全身を使って日の光をめいっぱい浴びている緑色のにょろにょろたち。

桜をみるとどこかせつない気持になるけど、
足もとのスギナにはあふれる生命力を感じる。
どちらも春のイメージに合っている。

category:

tb: 0   cm: 0

ドングリの昼寝  

ドングリの昼寝
落ち葉と同じ目線で見る風景はどんなだろう?
ということで、カメラを地面において撮影したら、
コナラの葉のあいだで眠るドングリたちを発見。
気持ちよさそうなので起こさないようにそっと離れる。
落ち葉を踏みしめるサクサクという音も気持ちいい秋の午後。

category:

tb: 0   cm: 0

コップの中の森  

コップの中の森
緑道を散歩していたら、
雰囲気のいいカフェをあって入ってみた。
2階のテラスから緑道の木々をながめつつコーヒーを飲む。
テーブルにはビー玉を入れたコップに花が一輪さしてある。
コップをのぞきこむと、緑道の木々が森になって映っていた。

ユタカノニワ、2か月の求職活動の末、
来週から都会のど真ん中の事務所で働くことになる。たぶん。
木々はおろか、踏みしめる土も、風も感じられないような場所だけれど、
ときどきは外にでてコップの中をのぞいてみよう。
少なくとも空は映っている。

category:

tb: 0   cm: 2

多肉植物  

タニク
ユタカノヘヤに新しい植物が仲間入り。
多肉植物の盛り合わせ。
ひとりでは寂しいかろうと盛り合わせてみたら、
ユタカノヘヤらしからぬお洒落な雰囲気に。
ひとつづつ鉢におさまっていたときより楽しそう。
多肉植物は人の気持ちを感じ取るというけれど、
ながめていると静かなおしゃべりが聴こえてきそう。
ミルクブッシュといい、水分をたっぷり含んでいる植物は、
その水をとおして感情を伝えるような気がする。

category:

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。